ネットを使わない世代

よく見られる場所に出す

高齢者は、バスや電車で移動することが多いです。
ですから広告を、そこに出すことでたくさんの人に見てもらえます。
公共交通機関の広告は自然と目に入るものなので、少しでも興味があれば覚えてもらえますし、お店で商品を見かけた場合は手に取ってくれるかもしれません。
高齢者はネットを使わない人が多いので、SNSで宣伝する方法は向いていません。

きちんとターゲットに合った方法を使わないと、努力が無駄になってしまいます。
ですから商品を開発する段階で、誰に向けた商品なのかハッキリさせることがポイントです。
また高齢者に向けた広告なら、字を大きくするなど工夫してください。
文字が小さいと、商品の説明を書いても読んでもらえないことがあります。

地域の広報誌を活用

暮らしている地域の情報がたくさん記載されている、広報誌があると思います。
そこに広告を出すことができるので、高齢者をターゲットにした商品を売り出す時に利用してください。
広報誌の広告は、他の場所に広告を出す時に比べて料金が安いです。
公共交通機関に広告を出したくても、予算の都合でできなかったお店でも安心してください。

また地域の広報誌に情報が載っているというだけで、信頼性を高めることができます。
さらに広報誌は、自分たちで住民の家に配布する必要がありません。
人件費を削減できる面も、メリットですね。
しかし地域の広報誌に広告を出す場合は、締め切りが決められています。
その日まで間に合うように連絡し、広告を提出しましょう。


この記事をシェアする